野中美希(モーニング娘。’22)さんの「今日の2択」が、1対多のコミュニケーション手法としては最適解な件

雑記

突然ではございますが、野中美希(モーニング娘。’22)さん(以下、ちぇるさん)を推しています。

現在のモーニング娘。についてあまり知らない人よ、という方のために軽く現状を説明しておくと、1997年に結成されたモーニング娘。は、メンバーが入れ替わりながら、現在は13人で活動しています。今なおアイドル最前線に君臨する現役バリバリのアイドルグループなのです。

ちぇるさんは、2014年に12期メンバーとして加入し、今に至ります。帰国子女で英語堪能、歌は上手いし、ピアノも弾けるし、バク転できるしの、天は何物与えれば気が済むのかの才女です。ちなみに現在は早稲田大学生とアイドル業の二刀流で日々頑張っておられます。尊いです。

ちぇるさんの魅力を語ると、本題に入れないので、泣く泣く割愛します。興味のある方は、あれやこれやの手段を通じて調べてみてください。

んで本題、ちぇるさんはブログを持っていて日々更新されているのですが、そのブログの特徴が「今日の2択」です。(ちぇりすとの皆さんは、のなえもん口調に変換して「今日の2択」の部分を読んでみてください。ちょっと楽しいよ)

「今日の2択」は、「お茶と水、どちらかが好き?」みたいな感じの、ちぇるさんからの問いかけです。この「今日の2択」が、アイドルのようなファンビジネスにおいて有効に機能しています。

え?どっちが好きって聞いているだけじゃないの?そんな凄いことじゃないじゃん、と思われた方、大間違いです。悔い改めてください。今から「今日の2択」の凄いポイントを2つお伝えします。

「今日の2択」の凄いところその1

ブログなのでコメントを残せます。しかし、一見さんとっては、何を書いていいのか、分からなくなります。何回か書き込めば慣れてきますが、やはり最初の1コメント目はハードルが高いのです。私がそうでした。自分が推しているアイドルになんとコメントしていいのか、ヘンに思われないだろうか、と躊躇します。新曲の感想ですら、初コメントとして書くには難しいのです。

ところが「今日の2択」があることで、まず何を書いていいのか分からない問題はクリアします。「お茶と水、どちらかが好き?」と聞かれてるのであれば、「お茶が好きです。理由は××」と答えるだけなので、気分が楽です。実際、この2択を答えただけのコメントも見受けられますし。ブログへの参加を誘導する仕組みとして「今日の2択」は有効に機能しているのです。

「今日の2択」の凄いところその2

ちぇるさんブログの冒頭部は大抵、前日の「今日の2択」の総括から始まります。「お茶と水、どちらかが好き?」の次の日のブログでは「昨日の2択 お茶派?水派?ちょうど半々ずつくらいでしたね」と総括されています。

半々ずつ、という結果が重要ではなくて、ちぇるさんが全てのコメントを確認して半々という結論を導いた、ということが重要なのです。つまりファン心理として、自分が書いたコメントをちぇるさんが読んだかもしれない、という期待感を抱けるのです。

もちろん、コメントの質問をいくつかピックアップして答えるという、コミュニケーション手法もありますが、運用面でいうと実際それは難しいような気がします。特定の人のコメントばかり読まれる、逆に自分のコメントはなかなか取り上げられない、とかファンの間で軋轢が生じそうです。

ちぇるさんのブログは毎日更新されているので、毎日ファンのコメントに応えるのもしんどいと思いますし、「今日の2択」は、近過ぎず遠過ぎず、適度な距離間でファンとコミュニケーションが取れているのです。

最後に

ちぇるさんの「今日の2択」の凄さを簡単にお伝えしたわけですが、おそらくちぇるさんもそういう明確な意図があり「今日の2択」を始められたんだと思います。それくらい、ちぇるさんはブログに限らず、全てのアイドル業に真摯に向き合っているのです。

ちぇるさんの魅力は、飽くなき向上心とプロデュース力、です。アイドルの誉め言葉として相応しいかは分かりませんが、だからこそ他のアイドルとは一線を画す稀有な存在なのだと思います。

常日頃から自分に求められる要望を感じ取り、研鑽を重ねてそのポジションに自分を引き上げられるのが、野中美希という人です。常に成長し続ける姿に、素直にリスペクトができるし、見守っていこうと感じられます。これからも新しい面を次々と見せてくれるでしょう。ちぇるさんの今後に期待しかありません。

現場からは以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました