ケイバぶ開発日誌2 – ケイバぶを支えるアレやコレ

ケイバぶ開発日誌

競馬情報サイト「ケイバぶ」は、WordPress上で動いています。

10年以上前、WordPressに関する書籍「オープンソース・ブログ構築ソフトWordPress2.7対応「導入&カスタマイズ」実践ガイド」(秀和システム刊)という書籍を書いたこともあり、WordPressに馴染みがあったということに加えて、WordPressで数十~数百万ページのサイト運営は可能なのだろうか?と疑問に思ったのがWordPress採用の理由です。

ケイバぶの裏テーマは、WordPressの限界に挑む、です。

テーマは、Bootsrap5ベースで自作しています。自作テーマなので、おかしいところは多々ありますが、運営しながら修正を加えるという流れです。有料・無料問わずWordPress用のテーマは数多くありますが、「ケイバぶ」は、一般的なブログやメディアサイトの作りではないこともあり、微妙にフィットしないので自作しました。ある程度収益が出るようになれば、どこかのWeb制作会社にケイバぶ用のオリジナルテーマを制作してもらおうかなとは思っています。

サーバーは、conoha Wingです。どれくらいのスペックが必要になってくるのか事前に分からなかったので、スケールアップが簡単にできそうなところということで選びました。最初は、conoha VPSで構築していましたが、マルチサイトにしようとすると一気にサイト構築のハードルが上がり断念しました。KUSANAGIを使って、シングルのWordPressサイトを構築する分には簡単なんですけどね。

妥協案として、conoha Wingを選んだわけですが、今のところ問題はありません。もっとも何か問題が起きた時、それがサーバースペックに起因するものか、WordPressに起因するものか、判別がつきませんが。

具体的なプランは、「conoha Wing リザーブド 1GB」です。料金は、1,650円/月。アクセスが増えれば上位プランに変更できますし、何より一気にアクセスが集中したときに、自動的に上位プランに変更してくれる機能があります。

競馬というテーマを扱っている都合上、競馬開催日(特にGIなどの大レースが行われるのなら尚更)にアクセスが集中することが予想されるので、それをさばくために必要な機能だと判断しました。今のところ全然大丈夫ですけど。

まとめると「ケイバぶ」は、

CMS:WordPress(マルチサイト)
テーマ:Bottstrap5ベースに自作テーマ
サーバー:conoha Wing リザーブド 1GB

で動いています。
WordPressでは、いくつかのプラグインも採用していますが、それはまた別の機会でご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました