豚の角煮を作ってみた

 久しぶりに豚の角煮を作ってみた。作ったことがある人はご存知かと思うが、豚の角煮は作るのに時間がかかる。2、3時間はコトコト煮なくては、箸で持っただけでホロホロホロと崩れる豚の角煮はできないのである。幸か不幸か、退社して家にいる時間が格段に増えたので、ようやく豚の角煮を作ることができた。

 参考にしたのは、極上!豚肉好きのための豚の角煮 ([男の料理]All About)と、圧力鍋de簡単ヘルシー☆豚の角煮 (クックパッド)。これらの写真のように美味しくできるといいですな。(特に、「極上!」の方は作り方もシンプルで、豚の角煮ビギナーの人にはオススメですよ)

 「特上!」のレシピを参考にしながら、豚の角煮を作っていきます。しょうゆで下味をつけた後、表面を焼いて無駄な油を落とす。次にしょうゆと日本酒でちょっと煮込む。日本酒は、初詣の厄払いの時にもらったお神酒を使ってと。レシピではきび砂糖を使っているけど、うちにあった三温糖で代用。

 アルコールが飛んだくらいのタイミングを見計らって、豚肉がヒタヒタとなるまで水を注ぎ、煮ていきます。このときごく弱い火加減で煮ていきますが、こういう火加減の時ってアクを取るのが難しかったりします。グツグツ煮るとアクが一箇所に集まってくるので取りやすいんですが。なので、アク取りシートやキッチンペーパーを上に被せるといいかもしれません。

 2時間くらい経ったところで、妻が「おーなーかーが空いたー」と騒ぎ出しました。子供か!
 まだまだトロットロの豚の角煮ではありませんが、かくいう僕もおなかが空いてきたので、ここから圧力鍋に移し変えてスピードアップを目指します。移し変える時に、煮汁をキッチンペーパーでこしたので、アク取りもできて一石二鳥。ついでにゆで卵も投入し、煮たまごも作ってしまいましょう。

 圧力鍋の安全弁がゆるやかにクルクル回っている状態をキープしながら煮ること30分。豚の角煮のできあがりー。

 どんぶりに豚の角煮を乗せ、その横には茹でたチンゲン菜、上から片栗粉でトロみをつけた煮汁をかければ、豚の角煮丼の完成です。

 食べてみる。

 ちょっと薄味だけど、なかなか美味しくできました。でもあと20分くらい煮込めばもっとホロホロになったかもしれないなぁ。でもおなかが空きすぎてそれ以上は待てなかった。

 このレシピ(とろけるように柔らかい! 純和風豚の角煮)も気になるので近いうちに再チャレンジしよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました