サービスプロバイダー(笑)

こないだ東急バスに乗っていたら、案内のアナウンスが流れた。

「一日乗車券を車内にて販売しています。お求めの方はサービスプロバイダーにお声がけください」

サ、サービスプロバイダー!?な、なんですか、それは。

プロバイダーっつったら、ネット接続業者しか思いつかないが、ここではどうやら運転手のことらしい。

「普通の運転手とはひと味違うぜ、一流のサービスを提供しますよ!」という意気込みをヘンなカタカナ語に託していると思うのだが、そのアイデアには乗客の視点が圧倒的に足りてない。その心意気は買うけども、運転手、乗務員で十分なんじゃないか。蔑称って訳でもないし。乗客の頭上に「?」マークが浮かぶような名前はどうかと思う。

もいっこ、転職系メールマガジンから。
「コーディネーター/ステージキャスト」という職業からどのような仕事を想像できるだろうか?
これは引越業の募集職種である。前者がいわゆる営業で、後者が実際の引越し作業を行なう作業員のことだ。分かりづらいなんてレベルを超えているよね。「わ!ステージキャストってカッコイイ!働きてぇー」と感想を持つ人間がどれだけいるのか、という話だろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました