他人とは思えない、The Simple Dollar の中の人

「のるか、そるか」転職にまつわる不安と希望の一事例

 (Lifehacking.jp)

 現在の今の自分の状況と極めて似ている、と思われる人のブログを紹介した記事です。抱えている悩みがまんま自分と同じなので、とても他人と思えない。というか、悩むポイントはやはり同じなんだなぁ。

「普通の人のためのファイナンシャル・アドバイス」をテーマとしたブログ、The Simple Dollar の著者が、まさにいまこうした決断の瞬間にいます。彼は現在勤めている会社を辞めて、The Simple Dollar を含めた複数の著作業へとシフトすべきかどうか、ぎりぎりの選択をしようとしています。

 僕自身も、会社を辞めようと考えていて、会社にはすでにその旨を伝えています。そして、できれば文筆業だけで生活したいとの希望を持っています。今の会社にいて、自社で発行している雑誌の編集長業の傍ら、3作の著書と1冊の連載誌、あとはCNETへの寄稿を手がけているわけですが、果たしてフリーになってその実績でやっていけるのか否か、という不安はあります。

 以前、あるイベントで、アキバblogの管理人の方のお話を聞く機会がありました。そのときに、(お金をもらって記事を書くことの是非についての答え、という文脈で)「自分が好きなことを書きたい(のでお金をもらって記事を書くことはしない)」と答えていたのを痛烈に覚えています。

 「好きなことや興味のあることを大人のしがらみ無しで書いて、それで生活できる」というのが、今現在僕が望んでいる最高のライフスタイルなわけです。それを実践しているアキバblogの人はカッコいいな、と純粋に感じました。自分ひとりなら、そういった賭けに出られるのですが、子供はいないものの妻がいるとそうはいきません。The Simple Dollarの人も「収入そのものが不安定になる危険性がある」を転職の懸念材料にあげていますが、本当に頭の痛い問題です。

 今後、数ヶ月のうちで答えを出さなくてはいけません。さぁどうしたものか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました