R-1ぐらんぷり2009雑感

今までのR-1で一番楽しめたかも。全然面白くなかったって人は皆無でした。今までのR-1であればひとりやふたりはダダ滑っている人がいるものなのですが、今回はそういうことはありませんでした。優勝は中山功太でしたが、あれはないなぁ。っつーわけで100%私的なランキング。

順位 氏名 感想
1位 バカリズム ダントツで面白かったですね。シュールであれだけの引き出しを持っているってところは賞賛に値すると思う。独りよがりではないシュール、笑えるシュールってのはこういうことを言うんでしょうね。
2位 山田よし フリップ芸なんですが、テニスのスコアから徐々に崩れていって、最後あたりはしりとりになってしまっているところがなんとも面白かったですな。前回は北の国からの五郎さんにこだわってドロ沼に入っていった印象がありますが、今回はそこまでゴルゴ押しではなかったのがいい感じでしたね。
3位 あべこうじ どうせまたビミョーな空気にしてしまうんだろ?と斜めに構えて見てたんですが、なかなかどうして今までのR-1の中で一番面白かったのではないでしょうか。ネタの構成自体はそんなに変わってはいないけど、途中でちょっと強めの口調でツッコんだりして、緩急が付いていたように思います。
4位 中山功太 つまんなくはないけど取り立てて面白い訳ではない、という感想。間が悪い、というか、あの時報のタイミングは尺を取り過ぎなんじゃないかと思うのですが。
5位 エハラマサヒロ ふるーつぽんち村上の勘違いキャラにかぶっているようで、心の底からは楽しめなかったですね。村上キャラを知らなければもっと面白かったかも。
6位 夙川アトム この人のネタって、赤ずきんちゃんと浦島太郎しか見たことがない。ちょっと食傷気味。
7位 サイクロンZ そこまでネタの完成度が高くないと感じたのですがいかがでしょうか。
8位 岸学 24見てないんでイマイチピンとこない。
9位 鳥居みゆき まぁこの人はこのままこんな感じで。
10位 鬼頭真也 たぶん、頑張っていたで賞があれば、この人が確実に受賞していたでしょうね。よくできていたネタだけど、それ以上でもそれ以下でもないって感じかな。

えー、6位以下はそんなに差はありません。6位以下の人もそれなりに楽しめましたよ。

あとはネタ以外の感想をいくつか。

・審査員は酷かったですね。点数を付けるのに慣れていないために前半に飛ばしすぎ、後半に行くほど高得点を付けざるを得ないという、インフレ現象が起きていました。堺マチャアキ、清水ミチコ、江川達也あたりは存在意義があったんでしょうか?

・会場に芸能人を呼ぶの止めたら?それより審査員のコメントをもうちょっと多く聞くとか。んで、審査員席の横に、セットが見切れて小道具・大道具がしっかり映っていましたよ。

・敗者復活の2名が最下位、ブービーという結果になりましたが、これは順番のあやってことなんでしょうかね。

WordPress本が2月26日にリリースされます。

告知です。2月26日に本が出ます。WordPress関連の書籍で、

「オープンソース・ブログ構築ソフトWordPress2.7対応 「導入&カスタマイズ」実践ガイド」(秀和システム刊、2,600円)

と言います。本のタイトルが長っ!って感じなのですが先方の編集者に一任していましたので、おそらくこれが売れるタイトルと判断したのでしょう。

執筆に半年もかかっただけに、400Pを超える超大作となっています。その中に、基本的なWordPresの使い方に加えて、約70種類に及ぶプラグイン紹介と3種類のテーマのカスタマイズを盛り込んでいます。

唐突ではありますが、ボツになった前書きを公開します。この本に込めた想いや意図が少しでも伝われば幸いです。

WordPressは現在最もイキオイのあるブログソフトウェアです。数多くのブログサイトがWordPressで運営されていて、今後もWordPressに乗り換えるブログは増加するでしょう。
たしかにWordPressは優秀なブログソフトウェアですが、あくまでも道具に過ぎません。WordPressを使い始めたその日から、完全無欠の人気サイトが手に入るわけではないのです。
やはりWordPressについて学んでいく姿勢が無いと、「WordPressを使うだけで、人気サイトになると思っていたのかなぁ」とスラムダンクの矢沢君の轍を踏んでしまいかねません。

この本は、WordPressを使いこなすための基礎知識と、効率的にWordPressをマスターするための応用技を可能な限り盛り込みました。
WordPressを極めようとすれば、PHPやスタイルシートなどの知識が避けられませんが、この本はデザインテンプレートである「テーマ」と、WordPressに機能拡張をもたらすプラグインを活用することで、PHPやスタイルシートに馴染みの薄い人でもある程度のレベルまでWordPressを使いこなせるように意図されています。

習うより慣れろ、という諺もあります。プラグインを導入してサイトのパワーアップを図ったり、「テーマ」を編集して自分好みのデザインに変えたり、といった実践的な作業を通じてWordPressに慣れ親しんでいくことが、WordPressを習得する一番の近道だと筆者は考えます。

チャレンジ精神に溢れる人たちに、WordPressは優しく微笑み返してくれるでしょう。臆することなく、WordPressを使ってみてください。
この本がビギナー&チャレンジャーの皆さんの足元を照らす光となれば幸いです。

ちなみに、実際の前書きは大体上の文章と同じなのですが、実際に本を手にとってみてどの辺がボツになったのか確認してみてください。

残業代を稼ぐだって? ~ タマホームのCM

タマホームのCMがほんと気になる。
家を新築したお父さんに、みのもんたが「残業代しっかり稼がなくていいの?ローンもあるんでしょ」って問いかけるやつだ。お父さんは「意外といけちゃうんです(照笑)」って答えるんだけど、おかしくない?

いまどき、「残業代を稼ぐ」って意識を持って残業しているサラリーマンがどれだけいるのだろうか?
また「残業代を稼ぐ」ことを容認してくれる会社がどれだけあるのだろうか?

大企業や役所の中にはそんな意識で働いている人間もいると思うが、そんな労働環境はほとんど無いと言えるだろう。残業代を稼ぐなんて感覚は、古き良き昭和の遺物でしかない。

ほとんどの企業は無駄な残業を大目に見てられるほどの余裕は無く、社員には「無駄な残業しないで定時で帰る」「サービス残業」、この2択を迫っているはずだ。

そーいう状況下にあってあーいうCMをしゃあしゃあと流すってことは、タマホーム自体がそーいう体質だからなんじゃないか、とも思ってしまう。工期延ばしたり、余計な工事やったりして代金を水増しするなんてフツーにやっているからじゃないのか。真っ当な企業ならば、あの内容が常識から相当逸脱していることが分かるはずなんだけど。

あけましておめでとうございます ~ 影響力のあるブログになるために

あけましておめでとうございます。NetScrander管理人の吉村です。

2008年にはブログ王になるという志を掲げていたわけですが、ブログ王というよりは、ブログソフト王に向かっているよーなくらい、2008年後半はWordPressどっぷりの生活を送ってきました。

今春発売されるであろう、WordPress本はちょっとすごい出来になりそうです。PHPやらMySQLやらは置いといて、とにかく使い倒すために必要なことをガンガン詰め込んでいます。たぶん、詰め込み過ぎだと思っているくらい。(その分、執筆に時間がかかって、妻に(本が)出る出る詐欺、と言われている有様です。)

なので、
固定リンクを変えずにスムーズにMovableTypeからWordPressに移行するまでの作業ログ (IDEA*IDEA)
が注目を集めていると悔しくて悔しくて。

いやいやいや、そんな面倒なことをしなくても、僕がやったやり方(MovableTypeからWordPressに固定リンク込みで完璧に移行する方法)でいいじゃん。こっちだとカテゴリーもタグも引き継げるよ!MySQLをいじらなくてもいいよ!って声高に叫びたい今日この頃だったりします。

やっぱりブログの影響力の差ですよね。もっと自信を持って情報発信していかな、と決意を新たにした2009年でした。

矢島美容室をヘビロテで見てる

とんねるずのみなさんのおかげでしたの企画ユニット「矢島美容室」が歌う「ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ-」。
最近ヘビーローテーションで聞いていますよ。まだCDは出ていなくて、こないだのSPで歌っていた映像をYouTubeで延々と聞いている有様。

しかもなんか泣けてくる。
「♪ニュースキャスターは今夜も沈みきっています。暗い顔。見ていてとっても可哀相です」の下りからラストにかけて、ジワーッと涙腺が緩んできます。なんででしょうね、年?

早速踊りをコピーした人たちも出てきて、15年前なら一素人が全世界に向けてパフォーマンスを発信するなんて夢のまた夢だったんだよなぁなんてことを考えると、ほんとネットはすごいよねってことで、どうぞ!

一応、本家の方も紹介しておきますね。
YouTube – 矢島美容室 – ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-

#とんねるず+DJ OZMAと、紅白でやらかしちゃった人たちが組んだのは確信犯だよね。
んで紅組枠で出場して、とんねるずやDJ OZMAじゃありません的な小芝居っつーか、白組の司会からツッコミが入ってグダグダした絡みがあってやっぱり何かやらかしちゃう、みたいな図が浮かびます。

WordPressのハイクオリティテーマ「Revolution Theme」が無料化

ブライアン・ガードナー氏、「Revolution Theme」のオープンソース化を決意 (ブログヘラルド)
「Revolution Theme」のブライアン・ガードナー氏に独占インタビュー (ブログヘラルド)

 個人的に相当驚いたニュース。
 一個人としてはすごく嬉しいんだけど、一Web業界人としては残念なような。とにかくいろんな思いが交錯したニュースです。

 WordPressは、テーマと呼ばれるデザインテンプレートが多数公開されていて、中でも「Revolution WordPress Theme 」シリーズはハイクオリティなテーマだと思います。んで、その「Revolution」シリーズは有料でした。現在は、1テーマ59.95ドル(6,000円強)売られていますが、ちょっと前までは79.95ドル(8,000円強)だったような気がします(うろ覚え)。

 それがオープンソースとして11月1日から公開されることになりました。
 WordPressはGPLライセンスの元、無料で公開されているのに、それに付随するテーマで料金を取るのはどうなん?って議論があるのは承知しているのですが、こーいう形のビジネスモデルも有りなんじゃないと思っているので、有料で頑張って欲しかったなぁとちょっと残念。

 このニュースが他の有料テーマの動向にどのような影響を及ぼすのか、注意しておきたいですね。

WordPress 2.7を触ってみる

 11月に公開が予定されているWordPress 2.7ですが、実際にログインしてダッシュボードを確認できるデモバージョンが公開されてた。先日発表されたWordPress 2.7 ワイヤフレームの機能はあまり反映されておらず、こんな感じになるよ的ではあるんだけど。

WordPress 2.7 ダッシュボード(デモ画面)
WordPress 2.7 ダッシュボード(デモ画面)

 

デモサイト: WordPress 2.7 Live Demo
Username: demo
Password: demo

 メニューが上部から左側に移りましたね。アイトラッキング調査を経て、この配置が良いってことになったようなんですが、今の方が良いような気もします。これからどんな風になっていくんでしょう。

 というか、WordPress関連書籍を書いているんですが、2.6をベースに書き進めているのにどうしようかなぁ。ダッシュボードの見方・使い方も大幅にも書き直さないといけないだろうし。

 メジャーバージョンアップが早過ぎるよ!2.5が出たのが3月末、2.6が出たのは7月って、四半期に1つバージョンが上がっているじゃん。

MovableTypeからWordPressに固定リンク込みで完璧に移行する方法

MovableType(MT)からWordPress(WP)に乗り換えようとするときに、必ずネックになってくるのが記事データ移行の問題。

MovableTypeのエクスポートデータをWordPressにインポートできるんだけど、そのときに移行できるのは、記事本文・コメントのみ。パーマリンク(URL)、カテゴリー、タグといった付帯情報は一切引き継ぐことができない。

MT・WPそれぞれのソースコードを修正してパーマリンクを引き継がせるなんてこともできるけど(下記リンク参照)、MT・WPがバージョンアップされ、元のソースコード自体が変わってしまうと、どこを修正していいのか分からなくなってしまうのが欠点。

MovableTypeからWordPressへのURL込みの移行方法Wiki@browncat.org

WPからWPへ、WXR(WordPress eXtended RSS)形式のデータを使ってブログ内容を引継ぎできるのであれば、MTでもWXR形式でインポートデータを書き出せばいいんじゃね?
ということで作ったのが、下記のテンプレートデータです。
(追記:ソースコードはキミコさんに改良していただいたものに差し替えました。)

(2010年6月8日追記:「追記」部分のインポートがうまく作動していなかった点をSatoshiさんが改善してくれました。改善されたコードはSatoshiさんのブログにてご確認ください。→movabletypeからwordpressに移行する時のテンプレート改良版

[xml]

xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
xmlns:wfw="http://wellformedweb.org/CommentAPI/"
xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
xmlns:wp="http://wordpress.org/export/1.0/"
>

<$MTBlogURL$> <$MTBlogDescription$>
ja
<$MTBlogURL$>
<$MTBlogURL$>

<$MTBlogEntryCount$>

<$MTEntryPermalink$> <$MTEntryDate format="%Y-%m-%d %H:%M:%S"$> ]]>

]]>

<$MTBlogURL$>/wp/?p=<$MTEntryID$>

]]>
<$MTEntryPermalink$>
]]>
<$MTEntryID$>
<$MTEntryDate format="%Y-%m-%d %H:%M:%S"$>
<$MTEntryDate format="%Y-%m-%d %H:%M:%S"$>
open
open
<$MTEntryBasename$>
publish
0
0
post


_edit_lock
1221409228



<$MTCommentID$>
]]>
<$MTCommentEmail$>
<$MTCommentURL$>
<$MTCommentIP$>
<$MTCommentDate format="%Y-%m-%d %H:%M:%S"$>
<$MTCommentDate format="%Y-%m-%d %H:%M:%S"$>
]]>
1

0
0



<$MTPingID$>
]]>

<$MTPingURL$>
<$MTPingIP$>
<$MTPingDate format="%Y-%m-%d %H:%M:%S"$>
<$MTPingDate format="%Y-%m-%d %H:%M:%S"$>
<$MTPingTitle$>
<$MTPingExcerpt$>
…]]>

1
trackback
0
0






[/xml]

使い方
(1)上のソースコードをMovableTypeの管理画面(ダッシュボード)の「デザイン」>「テンプレート」で「インデックステンプレートを作成」し、コピペします。
そそして適当なテンプレート名・出力ファイル名(仮に、export.xmlとします)を付け、保存・再構築します。

(2)無事に再構築が終わると、サイトのトップディレクトリに、export.xmlが生成されていますので、それをFTPでダウンロードします。

(3)移行元のMTと移行先のWPでパーマリンク設定が異なっていると、パーマリンクが引き継げないので、WPのパーマリンク設定をMTに揃えます。というわけで、WordPressにログインし、ダッシュボードから「管理」>「パーマリンク設定」で変更します。
MTのアーカイブ設定が「yyyy/mm/entry-basename.nhml」となっていれば、WPでは「/%year%/%monthnum%/%postname%.html」となります。
ちなみに当ブログは「/archives/<$MTEntryBasename$>.php」となっていましたので、WPでは「/archives/%postname%.php」としました。
(※:MT 2.xでは、basenameというテンプレートタグがなかったので、<$MTEntrykeyword$>を記事URLに流用するテクニックもありましたが、そういったテクニックを使っている方は、<$MTEntryBasename$>の箇所を<$MTEntrykeyword$>に変えてください)

(4)WPにexport.xmlを読み込ませます。「管理」>「インポート」に移動すると、インポート用のデータ形式を選択するページが表示されますので、「WordPress」を選択してください。
そして「export.xml」を読み込ませると移行は完了です。記事内容・コメント・トラックバック・カテゴリー・タグが移行されているはずです。(※MTの概要は、WPの抜粋に移行します)

既知の問題

タイトルで「完璧」と言っている割に、若干の問題もあります。

(1)MTで未公開になっている記事はエクスポートされません。
・対処法1:すべての記事を一旦公開状態にして書き出し、移行後に、未公開記事だった記事を未公開設定にする。一旦公開状態になってしまうので、ちょっと気持ち悪いですがインポートとエクスポートが一回で終わります。

・対処法2:一旦、通常の方法で、MT→WPへ記事を移行する。んで、未公開の記事だけを残し、後の記事は全て削除。その後、あらためて、上記の方法を使って記事をインポート。二度手間にはなるものの、こちらの方がオススメ。

(2)カスタムフィールドのインポートには対応していません。ベータ版のテンプレートデータにはカスタムフィールドの移行も含まれていたのですが、いまいち、WXR形式のカスタムフィールドの項目の仕様がよく分からなかったので削除しました。

(3)カテゴリーの名称
カテゴリー自体は移行していますが、URLまでは引き継げていませんので、移行後に、手作業でカテゴリーのURLを修正します。

やりすぎコージー終了の件

『やりすぎコージー』がゴールデンタイム進出!”月9″とガチンコ対決- (ORICON STYLE)

 あーあ。
「やりすぎコージー」が10月からゴールデンタイムに移動するようですよ。またひとつ惜しい番組が無くなりそうです。

テレビ東京としては、かつてないほどの深夜の人気番組となり、このまま深夜番組として続けるという選択肢もあったが、社運を賭けてゴールデン進出を英断。ゴールデンに移動はするが、レギュラー陣の後ろに控える”やりすぎガール”や、企画の斬新さはそのままに、さらに新企画を生み出していくという。

 「英断」だって。
 くりぃむナントカの涙の最終回を見てもそんなことが言えんでしょうかね。深夜からゴールデンに移って、そのまま人気番組であり続けたのなんて、トリビアの泉、めちゃイケ・はねるのトびらくらいしか思いつかない。

 めちゃイケ・はねトびはゴールデンに行って人気番組となりましたが、深夜時代のコント番組の面影は無く、すっかりバラエティ番組になってしまいました。だからこそ人気が維持されたとも言えるのですが、今までの視聴者を失うくらい番組内容をゴールデンタイムに最適化させることができなければ、成功しないと言うことです。

 テレビ東京のバラエティといえば、B級タレントがゲストで出て、みんなでVTRを見る体裁が多いと思うのですが、やりすぎコージーもそのようになるんでしょうかね。やりすぎコージースペシャルのように。

 C級D級芸人こそやりすぎの華なのに、それが見れなくなって、渡辺徹だの叶姉妹だのが当たり障りのないコメントをしゃべって終わりって感じになるのか。

 もう二度と、天王洲猥談やシベリア文太をやりすぎで見ることは無さそう。毎週、HDDレコーダーに録画してまで見てたんですけどね。残念です。

#10/13の2時間スペシャルの放送内容を予想してみると、
・都市伝説
・B級芸人によるネタ見せ(レッドカーペット風)
こんなところじゃないんでしょうか。
ゲストは、渡辺徹、勝俣州和、坂東英二、矢口真里、あたり。

パラリンピックの中継に本腰を入れないNHKの欺瞞

 オリンピックの興奮も記憶に新しいところですが、今日(9/6)からパラリンピックが始まりました。

 オリンピックのときは各局こぞって熱戦の模様を中継していました。女子ソフトボールの裏で女子サッカーもやってて、ザッピングしながらテレビにかじりついていたことを覚えています。そして日本勢の活躍も期待できるパラリンピックですが、どれだけ中継されるのでしょうか?

 9/7~17日 22:00~22:50 教育テレビ(生放送)

 中継と呼べるものはこれだけ。毎日1時間にも満たない時間しか流れないのです。しかも教育テレビって!
 あとはちょろちょろと再放送やら総集編が流れます。
 オリンピックのときは朝から夜までどこかのチャンネルを捻れば、何かの中継を流してたくらいの放送量でしたが、パラリンピックでは一転、ゼロに等しい。

 民放はまだ分かります。
 商売ですから視聴率が取れないであろう中継に乗り気ではないのでしょう。常日頃、自分たちは公共性が高い崇高な仕事をしている、と特権の上にあぐらをかいていながら、こーいうときだけ商業主義を掲げるあり方にも疑問はありますがね。24時間テレビやるんなら、パラリンピックも同じくらい力入れたら?とかね。

 もっと罪が重いのが、NHK。
 障害を抱えながら頑張っている日本人選手を日本のメディアとして応援する気持ちは無いのか?

 NHKは「公共の福祉」という名目の元に、国民から受信料を巻き上げておいて、ここでパラリンピックの中継をしないで、何のための放送局か!
 ほんとバカじゃない?

 NHKに、バラエティ、ドラマ、報道といった要素は一切期待していない。
 ただ、こうやって頑張っている日本人を全力で支援する姿勢は強く望みたいし、また、それこそが公共の福祉に適ったNHKのあり方に違いない。

 受信料を払っているのがバカバカしくなってくる。こんなNHK要らないし、解体することを強く願う。