10年ぶりにスピーカーを変えた

 初めてDOS/V PC(この表現もさすがに古いか)を買ったのが、10年以上前。CPUはPeutiumIIの300MHz、メモリーは64MBだったように覚えています(その前はPC-9821だったので、これがDOS/V PCデビューと言えないことも無い)。博多のツートップに行って購入しました。たしか30万円強でした。

 初代ツートップ機に、CPU、HDD、果てはマザーボード、ケースまで交換して、換骨奪胎で生まれ変わったのが2代目。

 動画キャプチャボードPV3の購入と共に、新たに購入したのがCore 2 Duoの2.13GHz・メモリー2GBの3代目マシン。12万円なり。安くなったなぁ。ちなみに、2代目PCは今でも義父が使っています。

 さて、初代から現3代目PCまで共通して使っている、最も息の長いパーツが、スピーカーです。高級ブランドの代名詞だった(と思われる)三菱のダイアトーンでした。今でも使っているんですが、ACアダプターがでかいのと線がゴチャゴチャしているのがずーっと気になっており、それでもまぁ致命的な問題でないので使い続けていました。それが、Amazonで安い(7,854円 → 3,800円、52%OFF!)USBスピーカー「SANWA SUPPLY 2.1chUSBスピーカー MM-SPU3BK」を発見し、思わず衝動買いをしてしまった結果、あっけなく代変わりすることになりました。

 正直、音に対するこだわりはありません。音楽を聴くときもイヤホンで聴くのがほとんどですし。USBスピーカーということで出力は今までより落ちますが、果たして如実に違いがあるでしょうか。届いたらレビューします。

世田谷区では粗大ゴミを持ち込むと無料で処理してくれる

2009年8月29日追記:無料で粗大ゴミを引き取ってくれるサービスは終了しているようです。ただしゴミの持ち込み自体は有料で受け付けていて、処分料は通常の粗大ゴミの処分料の半額程度だそうです。詳しくは下記ページ参照のこと。

世田谷区 粗大ごみの持ち込みについて

—————-原文はここから——————-

・世田谷区 粗大ごみを持ち込むことのできる仕組みの試行

http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00009934.html

世田谷区では、ある場所に粗大ゴミを持っていくと無料で引き取ってくれるサービスを実施しています。(実験的な取り組みなので、急に中止されるかもしれません)

具体的な手続きは、

1:電話する

2:氏名、住所、持っていく日(土日のみ)と捨てるもの(10個以内)を伝える

3:当日の時間内に所定の場所(環八沿い、世田谷区船橋)に持っていく

ということなので、簡単です。

今回粗大ゴミに出したのは、インクジェットプリンター2台と湯沸かし器、すのこの4つ。

その集積場に行くと、誘導員のおっちゃんに促され、駐車場みたいなところに停車します。

そこで別のおっちゃんに氏名の確認(基本的に連絡をした人と同一でなければならない)を行なうと台車を転がして3番目のおっちゃん登場。その台車にプリンターなどを置いて、こちらの作業は完了。

多少の力仕事を覚悟してたのですが、そんなこともなく5分くらいで終わり、誘導員のおっちゃんに誘導され集積場を後にしました。

そのまま粗大ゴミで出せば、おそらく2000~3000円くらいはかかっていると思いますが、それが無料。もっとも今回はレンタカーを借りたので逆に損をしているのですが、マイカーを持っている人ならお得なサービスと言えるでしょう。なお、エアコン、ブラウン管式テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機、パソコン等は出せません。

蛇足ながら、このサービスは世田谷区在住者だけです。

ずさんな統計データに振り回されない

・Eストアー調査 「グーグルな人、ヤフーな人」  第1弾 “友達”何人いる? 「グーグルな人」の10人に1人は“友達いない” その数「ヤフーな人」の2倍以上!
 http://v.japan.cnet.com/news/release/story/0,2000067550,00024239p,00.htm(CNET Japan)
・主婦や事務職はYahoo! JAPANを、経営者はGoogleを使う/検索サービスの利用に関する調査
 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2007/11/20/2236(Web担当者Forum)

 仕事柄、ネットでのニュースをこまめにチェックしているのですが、たまに「ん?」と首を傾げたくなるニュースに行き当たります。時期を同じくして、Yahoo!とGoogleのユーザー属性に関するニュースを目にしたのですが、Eストアーのデータの杜撰さはありえないレベルですね。Eストアーの調査では、

【Q:あなたにとって、仲良しの「友達」は何人いますか?】
上記質問について「0人」と答えた「ヤフーな人」は4.4%、「グーグルな人」は9.8%となりました。 また、「20人以上」と答えた「ヤフーな人」は2.0%だったのに対し、「グーグルな人」は0%でした。

 と言う結果になったので、「グーグルな人の10人に1人は友達いない」という結論に持っていってます。キャッチーなこと言いたいだけなんじゃないの?って邪推する気持ちを押さえて、もうちょいチマチマと突っ込んでみます。

 まず「調査対象者:全国の12歳以上の男女412名」とありますがその内訳を明らかにしていないので、「ヤフーな人」が若年層と年配者ばかりで、「グーグルな人」がビジネスマンばかり、ということだって充分に 有り得る訳です。「Web担当者Forum」の記事では、「主婦や事務職はYahoo! JAPANを、経営者はGoogleを使う」という傾向が出ているらしいですし、回答者の属性を明らかにすることなく同列で語っても仕方の無いことです。

 属性が偏っていれば違えば答えも変わってきます。「あなたにとって、仲良しの「友達」は何人いますか?」という設問に対して、ビジネスマンと小学生では「仲良しの友達」の捉え方が異なってくるはずです。回答者によって捉え方が変わってくる設問はやはり調査の信憑性に欠けます。
 ネタとしては面白いですが、釣られないように注意しましょう

・「モバゲータウン」利用者が「GREE」超える【第30回:モバイル調査】
 http://japan.internet.com/allnet/20071120/5.html(japan.internet.com)

 もいっこ、「ん?」と思った調査。「モバゲータウン利用者がGREE超える」っていまさら?って思ったら調査対象が「10代3.23%」ということでなるほどと合点がいった。モバゲータウンと言えば、ユーザーはほとんど10代、いってもまぁ20代前半までという偏った属性を持っている。なのに、10代の回答者が3%そこそこでは、モバゲーの勢いはデータに表れにくいでしょうね。

追記(11月27日)

・ヤフーユーザーはグーグルユーザーより若く、しかも既婚者が多い?
 http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20361860,00.htm(CNET Japan)

Yahoo! 検索ユーザーの方がグーグルユーザーよりも若く、そして既婚率が高い–このような傾向がEストアーの調査で明らかになった。同社は先週にも、ヤフーユーザーとグーグルユーザーの友達の数を比較するユニークな調査結果を発表したばかりだ。今回はその「ヤフーな人、グーグルな人」調査の第2弾となる。

 これは記事内容がおかしい。「発表したばかりだ」どころか、これは明らかに第1弾のときのデータを流用しただけでしょうよ。
 第1弾のときは、こういったユーザー属性を隠した上で、Googleユーザーは友達が少ない、って言ってたわけで、このデータを見るとたしかに、先に述べた通り偏った結果が出て然るべきのユーザー属性になっている。だって20代以下のユーザー数なんて、Yahoo!はGoogleの倍ですよ。友達の数も変わってくるわ、そりゃ。

 本来であればこういったユーザー属性を明らかにした上で、比較しなくてはいけないはずなのに、そういった必須情報は隠して、あろうことか、別データのごとく見せかけて発表しているわけです。悪質極まりない。やり方が姑息。呆れてモノが言えないですよ。

空気を読めない(KY)、は華麗な先祖帰り

・場の空気
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B4%E3%81%AE%E7%A9%BA%E6%B0%97(Wikipedia)

 新語・流行語大賞にノミネートされた「KY」(空気読め、空気読めないの略)
 結局のところ、日本人の悪癖として忌み嫌われた「本音と建前」が現在に蘇っただけじゃないですか。空気を読むとはつまるところ、建前に隠された本音をそれとなく察する、ということに他ならない。

 やれ個性の時代だとか、グローバリゼーションがどうのこうの言っても、本質のところは何も変わっていないということでしょう。しかも若者が普通に使っているということで(ほんとに?)、日本人体質は脈々と受け継がれているということですね。もちろんこれは本音と建前を使い分けることが悪いというわけではなくて、海外ではその「何も言わなくても心情を察する」というのは、美点ではなく単なる引っ込み思案だと思われますよ。ご注意あれ。

 色々と調べていたら、Wikipediaに「場の空気」という項目がありましたので併せてご紹介しておきます。ほんと、こーいうのは誰が追加するんでしょうね。無駄に充実してるけどさ。

電子ブックリーダ「Kindle」の最新情報

・アマゾンのベゾスCEO、電子ブックリーダ「Kindle」の詳細を語る
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20361308,00.htm(CNET Japan)

 米Amazonが着々と準備をしていた電子ブックリーダー「Kindle」は、個人的に気になっていてずーっとウォッチしてきたニュースです。

 電子ブックリーダーは色んな企業が挑んできた分野ですが、端末が高かったり、汎用性に乏しかったりでなかなか普及していませんでした。そのために、この「Kindle」は、米Amazonが満を持してリリースすることもあり、期待感を持って待ち侘びていました。おそらく、そーいう人は少なくないはずです。たぶん

 Kindleの小売価格は399ドルで、主要な新聞や出版物から自動でダウンロードを受信できるという。また、同情報筋はKindleには電子メール機能も搭載されると述べている。Newsweekは、電子メールサービスによってKindleのユーザーはWord文書やPDFファイルを受信して、機器のライブラリに本のように保存することが可能になる。

 上の記事の中から、スペック的なところを抜粋しましたが、微妙ですね。まず価格が高い。本体価格が、約45,000円ですか。Amazonとしては、Kindleだけで電子書籍の購入を完結できるように考えているようですが、それほどのニーズはあるのか。失敗する公算が高いような気がします。

 僕が電子ブックリーダーに望むことは、

(1)B6(182mm×128mm)くらいの画面(カラーでなくてもOK)
(2)SDカードのような記憶媒体にデータは記録する
(3)対応するフォーマットはテキスト、JPG、PDF。
(4)価格は、2万円以下
(5)音楽再生機能、無線LAN機能は要らない

 こんなところでしょうか。
 2万円以下で実現可能かどうかは分からないのですが、これならば即買いします。活字離れが進んでいるらしいので、電子書籍のマーケットを拡げようとしたいのは分かりますが、電子書籍のフォーマットの乱立には辟易します。ごくシンプルな画像ビューワを出してくれ、ということです。

 汎用性が無いフォーマットを採用したハードウェアは全然普及しない、というのは、ネットワークウォークマンやCCCDをはじめ、歴史が証明するところです。最初からガチガチにフォーマットを固めるのではなく、iPodのように柔軟性を持たせることはできないでしょうか。とにかくユーザーが増えないことにはビジネスがどーのこーのって言えないと思うのですが。

(追記:11月20日)
・Amazon、ワイヤレス機能つき電子書籍リーダー「Kindle」発売
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/20/news013.html(ITMedia)

 ITmediaでも詳細情報が出ましたね。実際の画像も出ていますが、やはり微妙な感じ。米Amazonが狙っていることは分かるけどねぇ。画像ビューワー+PDAみたいなどっち付かずのハードウェアはやはり要らんかな。PDAに対するニーズが日本よりも高い米国ならそこそこ売れるかもしれないけど。
 やはりワーズギアしかないかなぁ。同価格帯だし。ただこちらも電子書籍を売るってのがメインなので、SDカードに納めたデータの取り扱いがめんどくさそうだ。画像をフォルダ管理できない時点で終わってる。

 

他人とは思えない、The Simple Dollar の中の人

「のるか、そるか」転職にまつわる不安と希望の一事例
http://lifehacking.jp/2007/11/making-tough-decisions/ (Lifehacking.jp)

 現在の今の自分の状況と極めて似ている、と思われる人のブログを紹介した記事です。抱えている悩みがまんま自分と同じなので、とても他人と思えない。というか、悩むポイントはやはり同じなんだなぁ。

「普通の人のためのファイナンシャル・アドバイス」をテーマとしたブログ、The Simple Dollar の著者が、まさにいまこうした決断の瞬間にいます。彼は現在勤めている会社を辞めて、The Simple Dollar を含めた複数の著作業へとシフトすべきかどうか、ぎりぎりの選択をしようとしています。

 僕自身も、会社を辞めようと考えていて、会社にはすでにその旨を伝えています。そして、できれば文筆業だけで生活したいとの希望を持っています。今の会社にいて、自社で発行している雑誌の編集長業の傍ら、3作の著書と1冊の連載誌、あとはCNETへの寄稿を手がけているわけですが、果たしてフリーになってその実績でやっていけるのか否か、という不安はあります。

 以前、あるイベントで、アキバblogの管理人の方のお話を聞く機会がありました。そのときに、(お金をもらって記事を書くことの是非についての答え、という文脈で)「自分が好きなことを書きたい(のでお金をもらって記事を書くことはしない)」と答えていたのを痛烈に覚えています。

 「好きなことや興味のあることを大人のしがらみ無しで書いて、それで生活できる」というのが、今現在僕が望んでいる最高のライフスタイルなわけです。それを実践しているアキバblogの人はカッコいいな、と純粋に感じました。自分ひとりなら、そういった賭けに出られるのですが、子供はいないものの妻がいるとそうはいきません。The Simple Dollarの人も「収入そのものが不安定になる危険性がある」を転職の懸念材料にあげていますが、本当に頭の痛い問題です。

 今後、数ヶ月のうちで答えを出さなくてはいけません。さぁどうしたものか。

Windows Live Writerが文字化けして使いづらい


windows_live_writer

Windows Live Writer β版をインストールしてみたのだが、メニューが文字化けしてすごく使い辛い。

(2008年2月13日追記)
2ちゃんねるに、

今さらだがレジストリでフォントまわりいじってない?
同じ現象が起きたので調べてみたら、原因は
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion \FontSubstitutes]で
"MS UI Gothic,128"を追加したことでした。
これを削除したら直りましたよ

という書き込みを発見。
たしかに、フォントの設定はいじっていいたので、当該の箇所を削除したら、文字化けが直った。

ブラウザーの挙動がおかしくなるサイト(スポーツナビなど)

・スポーツナビ

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/

「スポーツナビ」を開くと、結構な確率で固まる。というか、ページを開くのにやたらと時間がかかる。
気持ち的には軽くブラクラ(ブラウザークラッシャー)を踏んだような敗北感に包まれる。
「Sleipnir+IE7」という環境だけに起きる現象なのか、は不明なんだけど、原因を知りたいところ。

あと、デザイン性が高いWebサイトを紹介する「あんじょうできてはる」も個々のエントリーを複数開けると固まる。

あんじょうできてはるデザイナーに役立つウェブサイトリンク集【】

2009年9月2日追記:IE8にバージョンアップしてからは、固まるサイトも無くなりました。IE 7ではJavaScriptの実行速度がやたら遅く、それが原因でブラウジングが激重だったようです。
 現在IE 7を使ってて、サイトが重いことに悩んでいる人は下記のテクニックを試してください。
Sleipnir(Trident)でJavascriptの実行速度を高速化できる裏技 (Sleipnirist)

今更ながら逆転裁判4をやっている(ネタバレあり)


今更ながら、「逆転裁判4」をやっている。 たしか、3まではやっているはず。(なんでゲームって遊んだ記憶が残っていないのだろう)

今回の主人公は、それまでの成歩堂龍一に代わり、王泥喜法介(おどろきほうすけ)という新人弁護士が務める。が、全く別物ではなく、これまでのシリーズを汲んだものになっているので、旧来のファンはご安心を。 (以下、激しくネタバレを含みます。未プレイの人は気をつけてください)

 4話からなるエピソードで構成されていて、主人公はほぼ王泥喜法介が務め、4話目に劇中劇ともいうべきエピソードで成歩堂龍一が主人公になる。

 感想を言えば、2、3話目がタルい。やってても爽快感が無いというか。今までもめちゃくちゃなトリックとかあったけど、それを上回る好都合主義な展開を見せる。無理やりこじつけたような展開なので、どうしても「プレイ」ではなく「作業」になってくる。だから、タルい。

 ところが、4話目に入ると、実は1~4話は1本の糸で繋がっていることが分かり(第2話目はそんなに絡んでこないけど)、その無理やりな展開が実は壮大な伏線だったことが分かる。その複雑に絡まった糸が解けたときのカタルシスは、2、3話目でたまった鬱憤を払ってなお、お釣りが来ます。

 もし、2、3話目で、行き詰っている人がいれば、とりあえず4話目まで頑張って進めて、とアドバイスします。

スカパーで現在公開中の映画(単館系)を放送するらしい

DVDより早いPPV、スカパー!「もぎたて映画館」開設 (ITmedia)

主に上質な単館系映画を扱い、劇場公開と同タイミングもしくは上映終了直後に有料(PPV)放送する。放送チャンネルは、スカパー!およびスカパー!光のCh.174「パーフェクト チョイス」で、毎週金曜日の21時に初回放送を行い、週末には再放送も行う。料金は作品によって異なるが、劇場公開と同時の場合は1800円、DVD発売前の作品は800円から1500円を想定している。

 おお、これは嬉しいかも。
 単館系の映画って、見なきゃと思っている内に結局見逃してしまうパターンが多く、DVDで出ても気付かなかったりするので、良い企画ですね。(なんで今まで無かったんだろ?全国のニーズを足したら、そこそこビジネスとして成立しそうなのに)

  ただ、やはり料金が高いかなぁ。
 同時期に公開しているのに、映画館とスカパーとで価格設定が違っていたらまずい、という判断なんでしょうが、自宅で見る方が画面が小さいし、映画館の場所だって占有しないし、ってことでもうちょい割安にならんもんでしょうかね。1,000円くらいで。
(複数人で見るんだったら、割安か。。)

 今までに単館系で見た作品は、えびボクサーくらいだったりします。