イシンバエワが練習で4m80cmしか飛ばない理由

 エレーナ・イシンバエワはロシアの女子棒高跳び選手。先日の北京オリンピックでも5m5cmという世界記録で金メダルに輝きました。今までに24回も世界記録を塗り替えてきたセルゲイ・ブブカを髣髴とさせる活躍を見せています。

 ところが、イシンバエワは練習では4m80cmしか飛ばない、と日テレの番組で語っていました。(このときの明石家さんまとのやり取りはとてもチャーミングで素晴らしかったですな!)

 世界記録を連発しているものの、練習では4m80cmを繰り返し飛ぶんだそうです。世界記録が5m5cmってことで、練習では5m10cmくらいをすでに飛べてるんじゃないか、と思いがちですが、世界記録を狙うのは本番の大会だけ、とのようです。

 オリンピック会場は独特の雰囲気に包まれていて、100%の力を発揮できないまま終わってしまう選手も多い。自己ベストに遠く及ばない記録で会場を去っていく選手を北京オリンピックでどれほど見たでしょうか。一方で、イシンバエワ選手のように飛ぶ度に世界記録を更新していく選手もいるわけですが、その違いは何か?。やはり練習スタイルにあるんじゃないかと思うのです。

 イシンバエワ選手の4m80cmを繰り返し飛ぶというのは、どんな状況でも100%の力を引き出すことに主眼をおいた練習と言えます。彼女にとって4m80cmはほぼ100%成功する高さなのでしょう。そこを繰り返すことで、4m80cmは確実に飛べるという自信に繋がり、引いては大会での安定した結果になって返ってきているのです。

 練習のときに5m10cmにチャレンジしてて、10回に1回は成功していたとしましょう。その状態で大会に出場すると、5m10cmをクリアした自信と、でも10回に1回しか成功していないという力量の間にギャップが生じます。飛ぶ前には、5m10cmを飛べたという成功体験により自信満々でしょうが、一回失敗すると、成功率10%という事実が重いプレッシャーとなってさらに選手を縛っていきます。そうなると100%の力すら発揮できなくなり自滅してしまいます。練習で5m10cmを飛べた自分があたかもドッペルゲンガーのごとく見えるでしょう。

 ですので、練習時に限界に挑むのではなく、あえてハードルを低く設定し、それを完璧にクリアし続けることで、本気出したらもっとやれるかも、という意識を刷り込んでいくことが本番に強い選手を育成するためには有効ではないかなと思います。

 限界に挑み続ける練習ではなく、勝ち癖をつける練習こそ日本の選手に重要なのではないか、と考えるのですがいかがでしょうか。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。