VOCALIST 2のシングル・アゲインが気になる

 徳永英明が女性ボーカリストの歌をカバーする「VOCALIST」シリーズなんですが、今更聞いています。

 んで、VOCALIST 2に収録されてる、シングル・アゲイン(竹内まりや)酷くない?

 1曲目の雪の華から始まり、いい日旅立ち、セカンドラブとなかなかいい感じで来ていて、シングル・アゲインで一気に失速するのだ。とにかく、歌詞のブツ切りが酷くて、聞いていられない。1番のサビの部分なんてほんとひどい。

♪また独りに・返ったと
風の便り・に聞いてから
忘れかけた・想・いが
胸の中で・ざわめ・く
私と同じ痛みを
あなたも感・じてるな・ら
電話ぐらい・くれても・いいのに

 ちゃんと文節で切って歌えと言っているわけではなくて、曲に全然合っていないところで、ブツブツと切って歌う違和感。なんでここで切る必要があるの?って疑問符が頭の中を占領する。
 2番に入るとブツ切りはさらに加速していく。

♪もし再び・出会・って
瞳を探・り合っ・ても
隔てたとき・を埋・める
すべは何ひとつな・い
手放した・恋を・今
あなたも悔や・んでるなら
やっと本・当のさ・よならできる

 さよならを、「さ」「よなら」で切るだけならまだしも、間に「っ」が入るので、「さっよなら」と歌っている。言葉として成立してなさ過ぎて、ほんとイラッときますよ。

 「味がある」「アレンジ」なんて言葉ではごまかされないよ、あれはひどい。他の歌は気にならないのだけど、この歌が突出してひどい。

 あと、シングル・アゲインの次の曲の「あなた」(小坂明子)もちょっと疑問。個人的に「あなた」はある種の狂気を秘めた歌(誉め言葉)だと思ってて、

♪もしも私が家を建てたなら
小さな家を建てたでしょう
大きな窓と小さなドアと
部屋には古い暖炉があるのよ
真赤なバラと白いパンジー
子犬の横には あなた あなた あなたがいて欲しい

とラブラブ全開で歌い上げた後で、

♪いとしいあなたは 今どこに

と結ぶ。
リスナーはこの結びで、実は叶わぬ願いを切々と歌っていることに思い知らされ、ショックを受けるのである。

 「いとしいあなたは 今どこに」だから死別ではなく、男に逃げられているのだ。相当な恨み節であるはずなんだけど、徳永英明は、ホロ苦い昔を振り返っているかのように淡々と歌うのだ。
 いや、違うだろうと。

 「シングル・アゲイン」と「あなた」はVOCALIST 2の中で浮いている気がする。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。