チップは歩合制の給料のことである説

海外旅行に行った際に悩みどころなのがチップ。
チップってのは、タクシーの運ちゃんやら、ベッドメイクの人やら、ウェイトレスのおねいさんやらに支払う「心づけ」のことで、
まずなんで渡さないといけないのか、渡すとしてもその妥当な額はいくらなのか、チップという概念が薄い日本人にとって、疑問が尽きないほんと地味に困った存在です。

んなわけで、事前にガイドブックで色々と調べてから旅立ったのですが、実際にチップに接してみて、ガイドブックなどに「チップとは感謝の気持ちを現金で表すもの」なんて表記が誤解が産むんじゃないのかと思った。

(あくまでも私見なのだが)チップってのは「歩合」のことだ。最低限の固定給がありつつも、業務を頑張った人に対する歩合給を店に代わって客がチップとして払うことがチップの本質だと思う。だから固定給というか時給は低く設定されているはず。

なので、「サービス業だから客に対してチップの有無に関わらず接客をするのは当然で、チップなんて払う必要はない!」って日本ルールをかざす人がいれば、それは大間違い。チップを払わないのは、給料を払わないってことと同義なのだ。チップは客の義務なのである。デフォルトで当然払うべきもので、サービスが良ければ相場よりも多く支払うものなのだ。

人よりも多く接客をした人、人よりも上質のサービスを提供した人、に対しての成果主義的な側面としてチップがあり、感謝の気持ちが云々、とかいった道徳的な側面はほとんど無いと思う。

チップは払うべきか否か、といえば、当然払うべきものであり、払わないことは即ち労働者の生活に深刻な影響を与える非人道的な行為と考えていい。

ハワイの基礎知識 - チップの常識 (ハワイの歩き方)

↑このページに「チップは「心づけ」とはいえ、ホテルやレストランで働く人たちにとって、お客さんから直接受け取るお給料といえるのです」と書いてあったので、あながち間違いではなかった模様。つか、行く前にこのページを読んでいればチップのあり方について悩むことはなかったのに。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。