TBS椎野アナが姑息な理由

上のYouTubeの動画(削除されているかもしれません)は、TBSの椎野アナウンサーによる横浜vsオリックス戦実況の一コマである。

5対0でリードしている中、2番手ピッチャーとして登板した高宮選手がさんざんに打ち込まれてしまい、その様について椎野アナがおよそ公共放送の実況とは思えないほど罵倒する。

たしかに不甲斐ない投球内容だったが、その罵倒ぶりにマスコミの体質がよく表れているように思う。その椎野アナ発言の一部を抜き出してみる。

・そろそろ二塁を守る仁志も内心キレてくる頃です。
・もう高宮何やってるんだ、という感じでおそらく斉藤ピッチングコーチからはきつい罵声のような説教が展開されるものと思われます
大屋監督ももう煮えくり返るような思いで表情を抑えているものと思われます
・ベテランの種田あたりは、呆れてモノも言えないような感じでしょう

選手や監督の名前が出てきているが、椎野アナが実際に話しているのを聞いている訳ではない。それなのに、勝手にキレているだの、呆れているだの、あたかも真実のように語られるのである。これら一連の発言は、「他人の口を借りて、口汚く罵る行為」ということになるだろう。

グラウンドで汗を流す選手達は決して、一アナウンサーの私怨を晴らす為に存在しているわけではない。みのもんたが、珍プレー好プレーで選手に声を当てるが、それはあくまでもバラエティ番組だから通用する手法であり、スポーツ実況としてこの姿勢はいかがなものだろうか。 もっとも「(ゲームに水を差した)水差し野郎」「荷物をまとめて横須賀(2軍の本拠地)に行け」と罵倒しているが、なぜ自分の口で罵倒することを徹底せず、他人の口を借りて文句を言うのか。なぜそんな行為が許されるのか、僕の目には姑息にしか映らないのである。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。