「シグルイ」でもっとも真っ当な人間は伊良子清玄

 シグルイ、8巻・9巻をようやく読み終えた。(10巻も早く読まないと、と思いつつ、シグルイってなかなか本屋に置いてないんだよなぁ)

 8巻・9巻は、藤木vs伊良子の仇討ちの模様がこれでもか、と描かれており、9巻の中盤からは、牛股師範の大活躍が存分に描かれている。 四十五景・赤縄は、名エピソードだと思う。

 シグルイの魅力は、善玉・藤木源之助に対する悪玉・伊良子清玄、という構図でありながら、現代人の感覚で見ると、いちばん真っ当な行動原理というか、シンパシーを抱きやすいのが、実は伊良子清玄であるという価値観の逆転が起きているところにある。

 んー分かりにくいな。
 平たくいうと、主人公の藤木源之助が一番イカレており、そのライバルの伊良子清玄が実は常識人だったりするのだ。ヒロインも同様。虎眼に囲われていた、いくよりも、武家の子女である三重の方がイカレている。
(ここでいう「常識人」とは、品行方正ということではなくて、その行動原理が現代人の常識で理解し得る、ということだ)

 人間的にすごく嫌なヤツなんだけど心情が理解できる伊良子清玄と、真面目なんだけど現代人の常識では相容れない藤木源之助。伊良子清玄が若乃花で、藤木源之助が貴乃花、と喩えれば理解しやすいか。伊良子清玄が小悪党で、藤木源之助が宗教にどっぷりハマちゃった人?

 しかし舞台は江戸時代。
 少数のサディストが多数のマゾヒストの上に君臨するという、カルト教団さながらの武士社会においては、伊良子清玄の方が異端なのである。現代との価値観が180度異なっており、猿の惑星を髣髴とさせるパラレルワールドが展開されている。

 とにかくそんな全く別の価値観で生きるふたりが、武士という同じテーブルの上で戦うのである。これほどカオスな漫画は無い、というか普通、破綻するよね。でも脇を固めるサブキャラ達が実に見事なイカレっぷりを発揮して、想像を絶する世界観に説得力を与えている。

 シグルイは、勧善懲悪の物語ではなく、自分の価値観に沿わぬ者を徹底的に排除しようとするエゴイスト達の話なのだ。なかなかその魅力を伝えにくいシグルイなんですが、脳を揺さぶられるような体験をしたい人はぜひ。

#ちなみに、とことんグロいです。凄惨な描写やエピソードがてんこ盛りで、軽くトラウマになってしまうんじゃないのか、ってほど。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。