百獣王ゴライオン スニーカーが出ているらしい

Reebok Voltron Pack

 米国で百獣王ゴライオン(米国名、Voltron)のスニーカーが出ているらしい。全5種類、貧相なフィギュア付き。(ネタ元:GIZMODE JAPAN
 しかもリーボック製。なにやってんの、リーボック(褒め言葉)。2008年にはハリウッドで映画化されることになってますので、それを見越した商品なんでしょうが。
 売っているサイズでいちばん小さいのが「8」。USの靴サイズ「8」ってことは、日本で言うところの「26.0 cm」じゃないですか。なんてこったい、大きいお友達用の商品だったなんて。子供用にしては値段が高いと思ったよ。ちなみに5種類の価格は以下のとおり。

124.99ドル(約14,300円)
134.99ドル(約15,400円)
79.99ドル(約9,100円)
79.99ドル(約9,100円)
99.99ドル(約11,400円)

(1ドル=114円で換算)

なにこのあからさまな価格格差は!
たしかに形状がそれぞれ異なっていることもあるにしろ、ここまでの価格差になるなんて。面白いのが、主役の黒ライオンより、赤ライオンの価格が高いこと。なんでだろ。

 ちなみに、5つ揃えればちゃんと合体しそう。5体合体といえば、ゴライオンはオンエア時の初合体はたしか5話目だったような気がします。リアルタイムで見てた頃、番組が始まって1ヶ月も経つのに合体しないなんてどうよ?って憤った記憶があります。(同様のもどかしさは、ゲッターロボ號でも味わいましたが)

 あと主題歌。魂が奮い起こされるようなオープニングテーマなんですが、ずーっと「Give Up Say!」と信じていた歌詞が実は、「ギブアップせい!」という、あんさんどこの組の人でっしゃろと突っ込みたくなるような歌詞だったことが最近判明しました。日本は平和です、姉さん。

#全くの余談ですが、Wikipedia英語版の「Voltron」の項目が無駄に充実しててド肝を抜かれました。

#追記(1月7日)
社内から価格差についてツッコミが入りました。

ポンプフューリーが高くて、ポンプオムニ、ランニングシューズと価格差があるのは当然ですよー
黒と黄(ポンプオムニ)で値段が違うのは、多分、黒がオールレザーで、黄は一部ナイロンだからじゃないですかね。
ポンプはリーボックの技術ですからねー
NIKEのAIRみたいなもんです。AIRが入ってないランニングシューズが一番安いのは当然なわけです

なるほど。値段の差は、人気の差ではなく、純粋に商品の違いから来るものなのかぁ。奥が深いな、スニーカー道。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。