PV3のアップデートにハマる

やっとPV3の起動に成功した。
今春に購入した新PCに搭載して以降、ずっと使えないままだったのだが、やっと使えるようになった。

原因はドライバー。いきなり最新版にアップデートしてはいけなくて、1.1から1.2、1.2から1.3と順を追ってアップデートを繰り返す必要があった模様。そんなことは公式サイトにもどこにも書かれていなかったのでずーっとそこでハマッていたわけである。

録画したデータは、AviUtlでCM部分をカットした後、H.264形式に変換するが、単純にCM部分を抜くと大やけどをしてしまうので、注意が必要だ。
というのもテレビ番組ではよく、CM明けにCM前の映像が数分巻き戻って流れることがあるので、録画データからCM部分だけ単にカットしてしまうと、CM前後の内容がダブってしまい、同じシーンが続いてしまうのである。

つまり、

シーンA > シーンB > シーンC > CM > シーンB > シーンC > シーンD

となっているときに、CMの部分のみをカットすると、

シーンA > シーンB > シーンC > シーンB > シーンC > シーンD

となってしまい、シーンBとシーンCがダブってしまうことになる。
この場合は、CM前のシーンB・シーンCか、CM後のシーンB・シーンCをCMと共に削除しなくてはならない。そうしてはじめて、
シーンA > シーンB > シーンC > シーンDとキレイに並ぶのである。

どっちを削除するかは、実際の映像次第である。CM前のシーンCに、「スペシャルゲストの正体は?」と出演者にモザイクが入ってて、CM明けのシーンCにはそのモザイクが外れていたりすると、削除すべきはCM前のシーンCである。またCM後のシーンBに重要なナレーションが入っていたりすると、当然残すのはこちらになる。

そうやって1本の番組をシームレスに繋いだ上でH.264に変換し、DVDに記録していく。
今年初頭からずーっと撮りためていたHDDレコーダー内の地デジデータを、そうやって丁寧に編集・変換、記録していくのである。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。