パラリンピックの中継に本腰を入れないNHKの欺瞞

 オリンピックの興奮も記憶に新しいところですが、今日(9/6)からパラリンピックが始まりました。

 オリンピックのときは各局こぞって熱戦の模様を中継していました。女子ソフトボールの裏で女子サッカーもやってて、ザッピングしながらテレビにかじりついていたことを覚えています。そして日本勢の活躍も期待できるパラリンピックですが、どれだけ中継されるのでしょうか?

 9/7~17日 22:00~22:50 教育テレビ(生放送)

 中継と呼べるものはこれだけ。毎日1時間にも満たない時間しか流れないのです。しかも教育テレビって!
 あとはちょろちょろと再放送やら総集編が流れます。
 オリンピックのときは朝から夜までどこかのチャンネルを捻れば、何かの中継を流してたくらいの放送量でしたが、パラリンピックでは一転、ゼロに等しい。

 民放はまだ分かります。
 商売ですから視聴率が取れないであろう中継に乗り気ではないのでしょう。常日頃、自分たちは公共性が高い崇高な仕事をしている、と特権の上にあぐらをかいていながら、こーいうときだけ商業主義を掲げるあり方にも疑問はありますがね。24時間テレビやるんなら、パラリンピックも同じくらい力入れたら?とかね。

 もっと罪が重いのが、NHK。
 障害を抱えながら頑張っている日本人選手を日本のメディアとして応援する気持ちは無いのか?

 NHKは「公共の福祉」という名目の元に、国民から受信料を巻き上げておいて、ここでパラリンピックの中継をしないで、何のための放送局か!
 ほんとバカじゃない?

 NHKに、バラエティ、ドラマ、報道といった要素は一切期待していない。
 ただ、こうやって頑張っている日本人を全力で支援する姿勢は強く望みたいし、また、それこそが公共の福祉に適ったNHKのあり方に違いない。

 受信料を払っているのがバカバカしくなってくる。こんなNHK要らないし、解体することを強く願う。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。