週刊e-Reportの作り方(購読RSSフィードを公開します)

 ドラゴンフィールドが毎週木曜に発行しているメールマガジン「週刊e-Report」の編集発行を担当しています。その中で、好評を博しているのが、e-Report冒頭のニュースダイジェストというコーナーです。これは先週のe-Report発行後から、今週のe-Reportの発行までにIT系ニュースサイトに掲載された、各ITニュースの中で「お!これはチェックししておかねば!」と僕が感じたニュースを毎号30個ほど紹介しているコーナーです。

 他にも、「お!これは興味深い」と感じたブログ記事を紹介する「blog clip」や、1週間の間に発表された統計データ系のニュースを紹介する「データダイジェスト」もあり、これら3つのコーナーを見るだけで、IT界隈の流れがなんとなーく把握できます(たぶん)。

今回はそのニュースの集め方をご紹介したいと思います。

 ニュース収集作業で使っているのは、RSSリーダーだけ。
 RSSリーダーといっても色々ありますが、僕が使っているのは「フレッシュリーダー」。サーバーインストール型のRSSリーダーで、自分のサーバー(このブログのサーバです)に置いてます。会社、自宅、実家、出張先とどんなところにいても、ブラウジングが出来る状況であれば閲覧できるメリットは大きいです。

 以前は、Headline-Readerも使っていましたが(いまだにRSSリーダーとしてはこれが一番使いやすいと思う)、PCにインストールするタイプなので、自宅と会社のPCにそれぞれインストールしなくてはいけない、RSSフィードの同期が取りにくい(できないことはないけど)、PCがクラッシュするとかなり悲しいことになる、などの理由から乗り換えました。ちなみに、フレッシュリーダーに落ち着くまで、10個くらいのRSSリーダーを使っています(Bloglines、Livedoor Reader、といったメジャーどころから、ThunderbirdやSleipnir、海外のRSSリーダーまで色んなタイプ試した)

 フレッシュリーダーを使うもうひとつの理由。それがブックマーク機能です。Livedoor Readerの「ピン」と同等の機能だと思うのですが、気になった記事を次々とブックマークしていきます。一日に何百と流れてくるRSSフィード情報の件名だけをかなりスピードで流し読んでいき、ブックマークを付けていきます。そしてあらためてブックマークを見直して、良かった記事はそのまま残して、そうでもなかった記事はブックマークから削除いきます。そして1週間分の記事をまとめて、e-Reportに掲載します。

 「大事なニュースを見逃すんじゃない?」と心配される方もいると思いますが、ほとんどの場合、心配要りません。
 たしかに見逃すことも無くは無いのですが(そんなに無いけど)、有益な記事であれば、必ずどこかのソーシャルブックマーク(SBM)に捕捉されます。では、「SBMだけを追っかけていればいいんじゃないの?」と思う方もいると思いますが、僕のように仕事としてニュースを集めるというのでもない限りそれで充分だと思います。僕の場合、SBMでスルーされている記事に光を当てたいという思いがあり、SBMに100%頼っていないというだけですので。

 そんなわけで購読している各ニュースサイト・ブログのRSSフィード約420個を公開します。
 sitelist.xml
(右クリックで保存してください)

 ITとは関係の無いフィードも混じっていますが(競馬系のやつとか)、そのまま公開します。カテゴリー分けされてますが、これも相当適当です。

 また、GoogleやMicrosft Live Searchの検索結果RSSフィードもありますが、これは「オープン」でブログ検索した結果のRSSフィードです。僕が手がけている「WEB FLASH」は企業サイトのリニューアル情報を掲載しているのですが、その情報収集のために「オープン」という検索キーワードで検索をかけて、いち早くサイトの公開情報を掴もうと試みています。とはいえ、Webサイトのオープン情報が引っかかってくることが少ないので、検索キーワードを見直すべきでしょうね。 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。