結婚狂想曲 - 嗚呼、妹よ

妹1号が結婚したのが5年前のこと。
結婚することを母親経由で知らされたのが2002年5月半ば、結婚式の日程を聞かされたのが、2002年6月初旬である。

俗にいう、出来ちゃった結婚なので(註)、日程がタイトなのだ。なんつっても、10月には出産予定なんで、妹も必死だ。

(註:母親は、「出来ちゃった結婚」ではない!と言い張っている。ただ、結婚と出産の順番が入れ違っただけだ、と。そーいうのを例外なく、出来ちゃった結婚というんだけど)

さて、そんなわけで、7月20日(仏滅)に結婚式がとり行われた。
妹夫婦の結婚式は、仲人を立てず、出席者みんなが後見人みたいな形式なのである。個人的な感想をいえば、訳分からんお偉いさんが、延々とスピーチをするという拷問にも似た結婚式ではなかったので(お偉いさんのスピーチは、妹の会社の元上司、同じくダンナの会社関係の上司の計二人だけだった。しかもスピーチ短め)、及第点をあげられるだろう。

とはいえ、問題点が無いこともなかった。ここに記すのは、その顛末である。結婚式を控えた人は参考にしていただきたい。

結婚式は佳境にさしかかっていた。
スピーチ、乾杯、キャンドルサービスなど、セレモニー関係を終え、参加者の余興タイムを迎えていた。

妹の友人による「あーよかったな(花*花)」や「Everything(Misia)」などが終わり、一段落したところに、司会者から、「えー、先ほど新郎新婦入場のときに、歌を歌って華を添えた、黒人歌手を皆さん、覚えておりますでしょうか?」

そーいえば、結婚式の冒頭で黒人の兄ちゃんが、歌を歌ってたなぁ。僕は、必死に写真を撮ってたので、よく見てなかったけど。

「その黒人歌手、名前をジェームスというんですが、彼はセリーヌ・ディオンのコンサートのオープニングアクトを勤めたほどの実力者です。今日は、ジェームスが、お二人のために、歌を歌ってくれます。カモーン、ジェームス!!」

事態を掴めない参加者のギモンをそのままに、司会者はジェームスを呼ぶ。
黒のTシャツに黒の革パンツという、カジュアル過ぎるいでたちのジェームスが舞台袖から登場である。

そして、何の挨拶も無しに、ジェームスは歌いだす。
「♪ゲロンパ」

え?
洋楽に詳しくない僕でも、この歌は知ってる。CMで聞いたことがある。たしか、ジェームス・ブラウンの歌ではなかったか。
えーっと、曲名は、、、

あ!!「セックスマシーン」だ。。。

結婚式なので、セックスマシーン?
出来ちゃった結婚なので、セックスマシーン?

僕の中で、止まることない疑問スパイラルがグルグルと形成されていく。
ちなみに、参加者の半数以上は、親戚や会社関係なので、年齢層は高めである。苦笑いをしている人、あっけにとられている人、ひそひそ話をする人達、様々である。

もちろん、選曲についてのリアクションではなく、唐突に黒人歌手が出てきたことに対するリアクションである。
もしこの歌のタイトル、「セックスマシーン」が知れ渡ったら、どんな修羅場が展開されるだろうか、僕は怖くて想像ができない。

ジェームスは、参加者のテーブルの間をぬいつつ、セックスマシーンを意気揚揚と歌い上げ、引き上げていった。

ホッとする参加者に更なる試練は待ち受けていた。司会者の登場である。
「こないだの結婚式では、さっきの曲ですっごく盛り上がりましたよ。皆さんも 負けずに盛り上がっていきましょう」

うすーい殺意が広がっていくのを確かに感じた。おめでたムード一掃である。
それでも司会者は僕たちを許してくれないらしい。

「次にジェームスが歌うのは、えーっと、ちょっと前に郷ひろみが歌って話題になった、ゴールドフィンガー99です。アーチチアチってやってましたね。それの原曲で、「Livin’ La Vida Loca」という曲です。 (舞台袖を向いて)あ、通訳さん、ここから訳さないでね。
えーっと、皆さん、席を立ちましょうか。そして、ジェームスに気持ちよく歌ってもらうために、アンコールをしましょうかね。はい、アンコール!アンコール!アンコール!」

どちらがお客さんなのか最早分からぬまま、司会者にアンコールを強要され、確実に殺意のボルテージは上がる。
ある意味、テンションは最高潮である。

満面の笑みで、ジェームス登場である。
そして「Livin’ La Vida Loca」を原曲のまま歌う。いくら耳馴染みでも、英語で歌われちゃ、おっさんおばちゃんお手上げである。
湿った手拍子を引き連れ、満足げに歌いきったジェームスは引き上げていった。

そして、結婚式は終わった。
誰誰の歌は上手かったわねぇ、ウエディングドレスきれいだったわねぇ、などの感想がホテルのロビーでやり取りされていたが、誰一人として、ジェームスについてふれる者はいなかった。

(ジェームスの歌は、結婚式のオプションで妹夫婦が依頼したものらしい。その額は、18万円也。浪費以外の何物でもなかったですな)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。