YouTubeに複数ファイルをアップする唯一の方法

 YouTubeに複数ファイルを一括アップロードするには下記の3つのやり方がある。

(1)マルチ動画アップローダ
(2)Free YouTube Uploader
(3)Fire Uploader

 結論から言うと(3)「FireUploader」の一択しかない。なぜ(1)(2)ではダメなのかをまず説明してみよう。

(1)の「マルチ動画アップローダ」はYouTube謹製のアップロードソフトなのだが、とにかく使い勝手が悪い。
 まずアップロードしたいファイル全てに「タイトル」「説明」「タグ」「カテゴリ」を設定しないといけない。「タイトル」はファイル名をそのまま使ってよ、とか、「説明」も「タイトル」と同じでいいよ、ってときでもいちいちひとつひとつ設定させられるのは相当めんどい。しかもブラウザーのアドオンとして作動するのだが、(僕の環境だけかもしれないが)安定性に欠ける。
 使い勝手が悪い上に安定性に欠けるとあっては、「マルチ動画アップローダ」を使うメリットはほとんど無いと言えるだろう。

(2)の「Free YouTube Uploader」はYouTubeへファイルをアップロードすることに特化したソフトウェア。海外製のソフトながらメニューは日本語化されているし、機能もシンプルで使いやすい。「タイトル」もファイル名をそのまま付けてくれるし、「説明」や「タグ」も最初にひとつ設定すればそれを全てのファイルに適用してくれる。複数アカウントを使い分けられるし、言うこと無しなのだが、致命的な欠陥がひとつ。
 動画を勝手に低画質に変換されてしまう
 YouTubeは半年くらい前に高画質モードが追加され、ある一定の条件を満たした動画であれば高画質モードで公開されるようになった。しかしFree YouTube Uploaderは高画質の公開条件を満たした動画を勝手に低画質に変換してアップロードしまうのだ。ほんと余計なお世話である。バージョンアップでの改修を期待したいところだ。

 というわけで、(3)Fire Uploaderが唯一の選択肢となるのだが、これはFirefox用のアドオン(プラグイン)として作動し、FTPソフト感覚でファイルをアップロードすることができる。
 「設定」や「タグ」も一括指定できるし、秀逸なことにYouTtubeだけではなく、FlickrやPicasaへのアップロードに対応している。惜しむらくは「タイトル」はファイル名がそのまま付くのだが、拡張子もタイトルに付いてしまう。あとで修正すればいいんだけどね。

 ちょっとしたTips。
 「login」を押してもログインできないときは、別タブでYouTubeを開いてそこでログインした後で、「login」を押すとログインできますよ。

 ちょっとしたTips その2。
 ひとつのファイルのアップロードにすごーく時間がかかる。数十MBのファイルですら20~30分ほど。これだとアップしたいファイルが100個なんてあると日が暮れるどころか数日たってもアップロードが完了しない。
 そこで同時アップロード数を増やすことで、アップロードの時間を短縮できる。やり方は簡単。Fire Uploaderを複数個起動させるだけ。そしてファイルを振り分けて登録することで複数個のファイルを同時にアップロードできる。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。