桐生第一は甲子園を辞退すべきではない

「被害女性より部員の気持ち優先か」会見場怒号…桐生一監督交代もなし (スポーツ報知)

会見場には30人以上の報道陣が詰めかけた。「野球部の練習で鍛え上げた体で襲いかかったのでは」、「被害女性より野球部員の気持ちを優先したのか」など怒号が飛び交い、厳しい質問が相次いだ。

 こんな馬鹿なことを正義感ぶって叫んでいるマスコミって一体何様?
 ニュースでさんざん桐生ナインの行進練習の模様を流してたりするけど、何の罪も無い彼らをどのような思いで映しているのか。メディアスクラムといってもいいくらいの酷い仕打ちだ。彼らは犯罪者ではないのに。

 もちろん強制わいせつの罪を犯した犯人には厳しい処分を望んでいるが、なんで野球部が連帯責任を取って甲子園出場を辞退しなくていけないのか?
 そもそも連帯責任ってなんすか?

 部室で喫煙していた、先輩が後輩を日常的に暴行した、なんて野球部の体質自体が問われるような問題ならば、出場辞退や監督の辞任を受け入れるべきだろうが、今回の事件はまるで違う。

 野球部だったから性犯罪者になったのではなく、性犯罪者がたまたま野球部員だった、というだけだろうよ。部活外のプライベートの時間に起こしてしまった事件について、なぜ野球部が責任をとらないといけないのか。性犯罪に走ったのは野球部のせいなのか?四六時中生徒を監視しなくてはならないのか?

 「野球部の練習で鍛え上げた体で襲いかかったのでは」って、言いがかりにもほどがある。「被害女性より部員の気持ち優先か」って被害女性がそう言ったのか?坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、犯人が所属していた野球部がのうのうと甲子園に出ることが耐えられないってさ。

 じゃあマスコミ関係者や広告代理店の人間が、組織の名前を使って女性をたぶらかしてしばしば性犯罪を起こしているけど、それは会社として連対責任を取る必要は無いのか?被害女性の気持ちを慮って営業を自粛すべきではないのか?

 自分達の身内が犯罪を起こしても、「遺憾です」の一言で済ませるくせに、なぜ高校野球にはそこまでの厳格さを求めるのか?バランス取れてないじゃん。

 連帯責任も教育の一貫ってトンチンカンなことをいう人もいるけど、馬鹿を言っちゃいけねぇ。

 中学の頃、サッカー部の先輩1人が他校の中学生とケンカした。その連帯責任とやらで、サッカー部員全員が顧問教師の命でグラウンドに1時間正座&丸坊主させられた経験があるが、人生においてこの経験は全く役に立っていない。いまだに理不尽な処罰に対する怒りがフツフツと湧いてくる。

 連帯責任とやらで、何を教えるつもりなのか?
 真面目に頑張ってても理不尽な理由で報われないことがあるんだよ、身の回りに犯罪者がいれば犯罪者と同類と見られるんだよ、ってことか。社会人になっても連帯責任とやらでそこまで重いペナルティは課せられることはないが、何の罪も無い高校生に対して甲子園辞退というペナルティは重過ぎるだろう。

 雑音が多くて野球に集中できる状態じゃないかもしれないが、桐生第一ナインが力の全てを発揮できることを祈りたい。

#でも高校野球自体はあんまり好きじゃなかったりする。高野連の体質のカビ臭さ、画一化された坊主頭の気持ち悪さ、炎天下で試合させる無茶っぷり、などなど。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。