80_panの行く末が心配すぎる

 皆さんは、80_pan(ハレパン)をご存知だろうか?

 80_panは元々「ハレンチ☆パンチ」としてデビューしたガールポップユニットだ。何度かの改名と音楽性の路線変更を経て、現在は80_panとして活動をしている。
 僕もすっかり忘れていたが、先日このようなニュースを見かけた。

ハレパンがロンドン進出…6・19、20イベント出演 (ネタりか)

 記事によると、6月19、20日にロンドン市内で行われる国際的音楽コンベンション「London Calling」に日本代表として緊急参戦する、らしい。んで公式サイトに行ってみて驚いた。
 テクノポップになっとる!

 ちなみに「ハレンチ☆パンチ」時代は↓こんな歌を歌っていたのである。

 ガールポップからテクノポップに路線変更しブレイクした例として、Perfume が思い出されるが、80_panもそんな青写真を描いているのだろうか。

 そもそも80_panはデビュー時からイロモノ的な雰囲気を醸し出していた。
 「ハレンチ☆パンチ」としてデビュー曲「白線~スタートライン」をリリースするが、「新キッズ・ウォー」のエンディングテーマとしてよりも、オレンジレンジの「花」に似ている、というパクリ疑惑の方で注目を集めてしまう。

 「ハレンチ☆パンチ」という名前自体が、「オレンジレンジ」にダブるので、「花」のパクリ騒動自体も故意的な話題づくりの一環だったのかもしれない。ともあれ最初にそういったイロモノ的な売り出し方をしてしまうと、その後の展開が難しくなることは想像に難くない。「ハレンチパンチ?あーあのパクリ騒動の」みたいな負の認知を払拭することは相当難しい。

 地道なプロモーションを通じてジワジワと売れていくことはそりゃあ難しい。一度も注目されること無く消えていく人たちも多いだろう。とはいえ、楽曲以外のところで注目を集めても、それはアーティストとしての成長の芽を自ら摘んでしまうだけではないのか。

 そんなこんなで、やはり行き詰ったのだろうか。
 「ハレンチ☆パンチ」は、「80★PAN!」(ハレパン)と改名し、アイドルアイドルしたガールポップ路線からロック路線へ舵を切る。

 しかし改名した日(2007年3月26日)に高橋名人@16連射、から「ゲームの女王」って認定証を受けたりして、すでに迷走の匂いはしていたのである。ちなみにその改名のときの記者発表の記事が下記なのだが、無駄にアツい&詳しい。書いた人は相当の80★PAN好きだったのだろうか。というか、ブレイク前のPerfumeについてもさらっと触れているあたり、相当のガールポップ通ではないか。

80★PAN!が”ゲームの女王”に。「ダンシングパラダイス」とのタイアップも決定 (4Gamer.net)

 しかしここでもパッとせず、今回の改名&テクノポップへの路線変更、となるわけであるが、
 「80★PAN」は「ハレンチ☆パンチ」から大して変わっていないような印象だったけど、「80_pan」は相当思い切ったイメージチェンジを図っている(ような気がする)。

My Space内の80_pan公式ページでいくつかの楽曲が視聴できるので興味がある方はどうぞ。

 ちなみに、80_panはPerfumeと浅からぬ縁がありしばしばイベントなどで競演していたそうな。明暗がくっきり分かれてしまった両者だが、だからこそ80_panがPerfumeの二番煎じと言われるのを承知でテクノポップをやることの意味は重い。
 80_PANには成功してほしいなぁ。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。