カテゴリー : 2010年 1月

2010年1月3日の「行列のできる法律相談所」は訴えてもいいレベル

あけましておめでとうございます。
新年1発目の投稿がテレビネタというのもアレですが、さすがにこれは酷いと思ったのでつらつらと。

2010年1月3日放送の「行列のできる法律相談所」はここ数年でワースト1のテレビ番組でした。さらに言えば、今まで見てきたテレビ番組の中でも5指に入るほどの酷さでした。
 どういったことをやらかしたのかと言えば、

1:CMに入る前に、「この後、磯野貴理の元旦那が登場」って感じで、磯野貴理と元旦那のご対面シーンがちょっと流れる。
     ↓
2:しかしCM明けても、元旦那はちっとも登場せず。
     ↓
3:CMに入る都度、「磯野貴理の旦那がこの後登場」VTRが流されていたので、おそらく5、6回は流れていた(と思う)。
     ↓
4:しかし番組終盤になっても、元旦那が現れる気配無し。
     ↓
5:元旦那が現れることなく番組のエンディングを迎え、ラストのナレーションで「トークが盛り上がってしまったので、元旦那登場のシーンは次回に放送します。」と説明される。

いやいやいや。立派な詐欺じゃん。
生放送ならまだしも、録画番組で、この後登場ってさんざん煽っておきながら登場しないって、騙す気満々じゃないですか。この後って次週ってことかい?そんな馬鹿な。詭弁にもなりゃしない。

こーいう手法がアリならば、テレビ番組はどんなウソをついて視聴者を欺いても構わないってことになりますよ。捏造で打ち切りになった「発掘!あるある大事典」と同等、いやそれよりもタチが悪い。オーバーな表現ってレベルじゃなくて、100%”ウソ”ですからね。テレビマンの倫理観ってここまで落ちたのか、と思いましたよ。(そもそも視聴率に勝る倫理観は持ち合わせていないのかもしれないですが)

テレビマンの倫理観でもういっこ。
「新春大売り出し!さんまのまんま」で、長谷川潤がさんまにiPodをプレゼントしたのですが、問題はそのiPodの中に800曲を収めていたこと。長谷川潤がチョイスした800曲ごとiPodをプレゼントしたのですな。

そのシーンを見てて、「いやいや、それはマズいだろ」と思いましたよ。
そのiPodに入っている楽曲が長谷川潤が所持しているCDからリッピングしたデータならば、コピーしたデータを配布したってことになります。自分が持っているCDや借りてきたCDから自分のiPodにリッピングして楽しむのはOKなんですが、それを他人に譲渡してしまうと法律的にややこしいことになります。

そのややこしい問題はさんまのまんま側はノーチェックで放送してしまった。大したことではない、という判断なのでしょうが、著作物に対する権利を軽んじているんじゃないのかなぁと思った次第です。決してテレビで流していいシーンではないですよ、これ。

あと、TBSの格闘技番組で、ライブの試合の合間に過去の試合がサブリミナルのように挿入されているのはいい加減やめて欲しい。過去の試合を流すなら、画面内に「XX年XX月XX日」と試合日を映して一見して過去の試合だと分かるようにすべき。紛らわしいので、今年は吉田vs石井戦しか見なかった。
おお!いい試合と思ってみてたら過去戦のVTRだった、という苦い経験を通じて、TBSの格闘技番組はフルで見るものじゃない、と学びましたから。